持込タイヤ交換・車のコーティング、車内クリーニングなら

・春日井店  愛知県春日井市押沢台4-8-8
・多治見店  岐阜県多治見市白山町3-93 

営業時間
春日井店 10:00~17:00(作業最終受付)
多治見店   9:30~19:30(作業最終受付)
定休日
春日井店 火曜日・水曜日
多治見店 水曜日
カークラフト春日井店
0568-91-9936
カークラフト多治見店
0572-23-9576
友だち追加

☝LINE友だち追加で簡単問い合わせ

車を「魅せる」そして「守る」ガラスコーティング

 新車以上の輝きを生む最先端ナノ技術

最長15年ボディを守る超耐久被膜

洗車の手間を圧倒的に軽減

カーコーティング/ガラスコーティング/ホイールコーティング

メーカーの製品開発力と、匠の技術の結晶「ナノグラスコートSV」

ナノグラスコートジャパン株式会社がゼロから作りだした「ナノグラスコートSV」。

メーカーの一切妥協しない製品開発に、多岐に渡る車種を多数経験した当店の施工者の「磨き」技術で、貴方の愛車を美しくコーティングいたします。

ただ良質のガラスコーティング材を使用したとしても、その施工を支える磨きの技術がなければそのコーティング材の性能を最大限に発揮する事は出来ず、そして耐久性、持続性にも大きな影響を及ぼします。ナノグラスコートSVの効果を最大限発揮するには下地処理の「磨き」作業が“要”となります。これは女性に例えるところの化粧・ネイルにおけるベースメイクと同様で、最高の仕上がりを求めるには、つまり、下地の磨きにこだわる必要があるのです。磨きには、表層の傷を消す目的と、塗装の表面を滑らかにしコーティングがしっかりと密着する土台を作るという目的があります。研磨作業には、塗装の状態を的確に判断する目利きとポリッシャーを回す技術力、つまり経験そのものが不可欠で、コーティング施工後の光沢度は実に、新車を上回ります。

ナノグラスコートSV代理店のカークラフトでは、自信を持ってどこよりも輝き、そして長持ちするコーティング施工をお約束いたします。

ホイールコーティングやウィンドガラスのコーティングなどオプションメニューなどもご用意しておりますのでお気軽にお問い合わせください。

ガラスと同じ無機成分=劣化しません

ナノグラスコートSVの主成分はアルコキシシロキサン95%以上

(無機物質・珪素/ガラスや半導体のシリコンの主成分)

 

自動車用ナノグラスコートは2タイプ

ビースタイル/アンバサダー

ナノグラスコートの特徴

ガラスコーティングにもナノテクノロジーの時代がやってきた!

 
ナノとは大きさを示す単位であり、その大きさは100万分の1ミリメートル。
コーティング業界にもナノテクノロジーを駆使する時代がやってきました。
ナノグラスコートジャパンはその先駆け的存在です。

ナノレベルにまでガラス成分を細かくした「ナノグラスコートSV」は超高密度ガラス粒子がボディ塗装膜に浸透し、強靭なナノ分子結合(※1)で皮膜を形成します。耐候性に優れた無機質の強靭なガラス被膜が長期間、あらゆる劣化原因から愛車を守ります。
(※1一般的な有機塗料の分子結合に対し、約125%という格段に高い結合エネルギーを持つのが特徴です)


「ナノグラスコートSV」は無機質・無溶剤(有機溶剤と呼ばれる物質を含まない)で、日本よりも規制の厳しい欧米諸国でのVOC規制基準(※2)もクリアしており、海外の自動車メーカーでも、性能について高い評価と絶大な信頼を得ています。
(※2VOC規制とは、「揮発性有機化合物」に関する排出及び飛散に関し、排出規制、自主的取組の促進、各種検討調査などの施策を講じるよう定めた規制)

ナノグラスコートSVの開発者は約20年に渡り無機質・無溶剤コーティング材の研究開発をしている、その分野のスペシャリストです。知識と経験に、斬新なアイデアを加え、常に時代の先を行くコーティング材の開発に取り組んでいます。 
今後の「ナノグラスコートSV」の進化にも是非ご期待ください。
 
環境や人体はもちろん自動車ボディにも優しいコーティング材です。
 

自動車塗装面5000倍電子顕微鏡画像

最先端技術を用いてナノスケールにまで微粒子化したケイ素成分が、マイクロレベルの凹部にも浸透し、平滑に形成されたガラス被膜は本来の色を引き立て、深みのある光沢を実感させる仕上がりとなります。

ナノグラスコートの性能

ナノグラスコートSVはあらゆる過酷な試験をクリアしたガラスコーティング材です。

三次元架橋されたシロキサン骨格は大きな結合エネルギーを有するため、酸性雨やアルカリ性物質・シンナー等の溶剤からも一切影響を受けず、その耐久性を持続します。